間・Kosumi【展覧会】

 

.


  atelier manis in summer   2018年7月.6日(金)ー15日(日)  終了しました
                                                                                              


 

アトリエマニスは、バリ島で服作りをしています。
布は手織りものを中心にアジア各地、日本国内から集めています。

手織りの布は不均一なので大量生産に向かないし
工業用のミシンでザクザク縫うのも合わないと思います。
個性に沿って仕立てると
本来の雰囲気がもっと引き出されるような気がしています。

バリの人たちに服を作ってみてもらったことがきっかけで
結果的にバリに住み着くようになりました。

ヒンドゥ教と独自の風習が重なったバリ・ヒンドゥ教。
ここに手仕事のひとつの源流があると思いました。
伝承のための書物はなく、人づてに伝わる複雑な
お供え物の作り方と飾り方,譜面のないガムラン音楽。

語学や音楽にセンスがあるように
バリの女の人たちは
立体的なものの作り方にとてもセンスがあると思います。
手織りのようなひとつひとつが異なるものに寛容です。
かくして布の個性と対話しながら
10年くらい着ていただけるようなしっかりした服作り、
1点ずつ裁断し1点ずつ縫い上げるスタジオワークがはじまりました。

はじめは針の持ち方からスタートした女の子たちは
いつしかお母さんになり、
ミシンをガシガシ踏む熟練した職人さんになりました。

1点ずつ縫うのはかなり根気の要る作業なので
なかなか誰でも続けられる仕事ではありませんが
素晴らしいセンスのスタッフが育ってくれたので
難しい仕立てのものもどんどん作れるようになりました。
手仕事の布を手仕事で。作り続けています。

2015年7月
たかはしみき                

   

 
     

s

ssss